げんさんのほっぺ

本当は自分大好きなナル君なのに現時点ではとても残念な状態のモノノフが己を慰めるために地球の片隅で目立たない戦いをするブログ

架空ブログ#024:ももクロが「生涯現役」を宣言できる理由

【※はじめに-架空ブログ:エントリ意図の説明-】

架空ブログ:エントリ意図の説明 - げんさんのほっぺ

 

f:id:kaoruwada:20170608204826j:plain




◆序文:全世界に警告する。

ボクの名前はハルコ。

一応名乗りはしたが、名前なんて覚えなくていい。
ボクがいったいどこの誰か?
そんなことは、キミにとっては実に些末なことなのだから。

それよりも重要なのは、ボクがこれからキミに語るその内容だ。
まず最初に、ボクから地球の皆さんにお伝えしたい事がある。

 

f:id:kaoruwada:20170614125153j:plain



 

 


◆いずれももクロが「生涯現役」を宣言するだろう

ボクはこの一連の警告の冒頭で

--------------------
彼女たちは「全人類をアイドルにしようと企んでいる」可能性が著しく高い。
近い将来、ももクロがテーブルを叩いて全人類に無条件降伏、つまりアイドルとして生きることを迫ってくる日がやってくる。
--------------------

と話を切り出した。

 

ここからの数回では、初心に立ち返りその本質に迫って行きたいと思う。

これまで、女性アイドルには必ず“賞味期限”があると考えられてきた。

「若さ」そのものが商品の一部である女性アイドルにとって、それはある意味当然のことだと言える。

明示的にそれを行うかどうかは別にして、それぞれの事情に応じた適当なタイミングで引退するのが通例であろう。

しかし、ボクはどこかのタイミングでももクロが「生涯現役」を宣言するのではないかと予想している。

なぜならば、アイドルがそのわずかな活動期間の中で、世界征服を成し遂げることなど不可能だと思えるからだ。


ボクの父親も、やはりいずれかのタイミングで「生涯現役」を宣言し、それを貫くか、あるいは更に長いスパンの活動を可能とするシステムを開発するだろうと予言している。

そしてその長期活動を下支えするのが、他ならぬユニバース(仮)という訳だ。

 

 


◆アイドルの賞味期限問題をいかにクリアするか?

では、さて。

女性アイドルが生涯現役を貫くことなど、果たして本当に可能であろうか?


もちろん可能だ。


その答えのヒントは「スポーツ」にある。

ここでは理解しやすいように野球選手に置き換えて考えてみよう。

どんなに素晴らしい野球選手であっても、 いつかは引退する日がやってくる。
長嶋や王とて例外ではなく、例えイチローであってもそこから逃れることなど出来ない。
ある日を境にユニフォームを脱ぎ、グラウンドを去るのだ。

しかし、たったひとつだけユニフォームを脱がず、グラウンドに立ち続けることが出来る方法が、ある。

もうお分かりだろう。

その方法とは「指導者となって、選手と一緒に戦う」ことだ。

f:id:kaoruwada:20171023155518p:plain

 

 


ももクロの後輩アイドルは事務所のリスクヘッジではない

要するにももクロは、指導者となって後輩アイドルを育成する立場を得ることで、「生涯現役」という難題の解決を実現しようと企んでいるのだ。

その視点から見れば、ももクロと後輩グループとの関係性もおのずと理解できる。

スターダストプロモーションに所属するアイドルグループは、おしなべてももクロのライバルというよりは、「先輩を敬慕する存在」として設定されているからだ。≪*01≫

ゆえに、ももクロの後輩アイドル達というのは、事務所がリスクヘッジのために作ったポートフォリオ≪*02≫などではなく、実はももクロが指導者としての地位を得るための「弟子の創出」なのではないか?という仮説が成り立つ。


この発見によって、ボクはようやくももクロの世界征服に向けたプロセス設計を理解することが出来るようになったのだ。

f:id:kaoruwada:20171023155550j:plain


Powered by ライブドアブログ

 

自らが現役でありながら、弟子の指導も行う。
この構図は、日本における「道」の概念そのものだ。

「○○道」と言えば、まず思いつくのが「柔道」「剣道」などの武道だろう。
しかし、ももクロの場合 は「華道」や「香道≪*03≫」など、もっと文化的なものに近い印象を受ける。

f:id:kaoruwada:20171023155644p:plain

 

そしてボクは、とりわけ総合芸術的な要素の強い「茶道」との親和性を強く感じるのだ。


そう、ももいろクローバーZの正体とはつまり…

 

f:id:kaoruwada:20171023155613p:plain

 

 


◆水面下で構築されているはずの、ももクロを頂点としたピラミッド

ももクロ = 家元」

これがももクロの正体だ。

そのような見方をすることで、より多くのことが見えてくるようになる。

恐らく、すでに家元であるももクロを頂点としたピラミッド構造は、ほぼほぼ完成したとみて良いだろう。

こうしている間にも、地球の皆さんが気づかないうちに、ももクロによる『人類アイドル化計画』は粛々と進んでいると考えられる。

エスかノーか?

受け入れるも受け入れないもそれはキミ次第。


-------------------------------------------
≪*01≫「先輩を敬慕する存在」として設定されているからだ。
例えば、ももクロのことを「ももクロ姉さん」と呼び慕っているケースが散見される。

≪*02≫ポートフォリオ
ここで言う「ポートフォリオ」とは、金融商品の組み合わせのことを指す。
一般的な投資家は、リスク管理のために自らの資産を複数の金融商品に分散させて投資するのが通例だ。
つまり、ももクロの人気が無くなる前に新しいアイドルを仕込んでおこうというのは、ビジネスとして考えた場合にごく当然の成り行きなのだ。

≪*03≫香道
香道(こうどう)とは、沈水香木と言われる東南アジアでのみ産出される天然香木の香りを鑑賞する芸道である。
香木は生き物であり、その一つ一つに魂が宿ると考え、この稀少な天然香木を敬い大切に扱う。
大自然の恵み、地球に感謝し、そして彼らが語りかけてくる事を聞き取らなければならないと考えるのである。

-------------------------------------------


#中二病 #ももクロ #生涯現役 #スポーツ #イチロー #ユニフォーム #スターダストプロモーション #茶道 #家元