げんさんのほっぺ

本当は自分大好きなナル君なのに現時点ではとても残念な状態のモノノフが己を慰めるために地球の片隅で目立たない戦いをするブログ

ファッション考:男性向けのファッションはつまらない2

◆そういえば烈海王っていたなぁ。

先日、女性向けファッション雑誌「VOGUE JAPAN」の6月号を読んでいたら、『今、モードを揺らすのは若者たちのアップビート!』という特集記事の中に、こんな着こなしの紹介写真がありました。

f:id:kaoruwada:20170608123335j:plain

烈海王風に言うならば、
『キサマ等の居る場所は既にももクロが7年前に通過した場所だッッッ!』
ということになりますね(笑)

※補足説明
ももクロは2010年11月10日に発売された「ココ☆ナツ」という楽曲のPVの中で、セーラー服の上にビキニの水着を合わせるというファッションを披露している。

 


◆私が最近買った女性向けのファッションアイテム

さて、今日はファッションについて想うところを書かせて頂きますね。
以前「男性向けのファッションはつまらない」というエントリを書きましたが、今回はその続編です。
(このエントリだけ何故かスターが3つもついて驚いています!)

kaoruwada.hatenablog.com


上記のエントリでは

最近の男性向けのファッションはなんかつまらなく感じます。
全体的にペールトーンだし、なんかツルんとしてて凹凸が無いし、シルエットもダボっとしてるし……。
その点、女性向けのファッションは華やかで羨ましいなぁ。

みたいな内容のことを書きました。
改めて考えてみて思いますが、やはり女性向けのファッションアイテムは面白いです。
男性向けのアイテムには無いテイストが間違いなく楽しめます。

私もぱっと思い出すだけで、以下のようなアイテムを買っています。

・青と白のストライプのYシャツ。左胸に花柄の刺繍がされている。あたりまえだけどボタンの位置が逆です。
・光沢が美しい紺色のベロアジョガーパンツ。あたりまえだけど前チャックが無い(笑)
・白黒のギンガムチェックのキャップ。ピンク色の糸で「THE FUTURE IS PINK」と刺繍されている。
・グレーのマリンキャップ。タイムセールで定価の60%OFF!

などなど。
もちろん日常的に普通に着てますよ。

 

◆悪目立ちしない程度に差別化するなら

ということで、世の中の男性に提案なのですが、女性向けのファッションアイテムを少しだけ取り入れてみる、というのはいかがですか?
普段のファッションがちょっとだけ個性的になりますよ。
なぜならば普段街で見かけるものとは少しだけ違うからです。
巧くハマると勝手にオシャレさんに見えるという効能があります。

私は男性ですが、女性向けのファッションアイテムを少しだけ取り入れることを(結果的に)実践しています。
もちろん「女装しましょう」と言っている訳ではありません。
エッセンスとして取り入れるとファッションの幅が広がりますよ、と言っているのです。

 

◆きっかけは「おさがり」と「ももクロ

思い返してみると、私が今のように女性向けのファッションアイテムを身に着けるようになった理由は二つありました。

ひとつめは奥さんからの「おさがり」です。
私と奥さんは身長が一緒です。
加えて奥さんの方が体格が良いのです。
なので、洋服を兼用することが可能なのですね。

新婚の頃、奥さんが断捨離するためにサイズが小さくなって着れなくなってしまったアイテムをまとめていました。
それらの中に、「あ、コレいいな」と思えるものがいくつもあったので、私がそのまま譲り受けたのです。


ふたつめは「ももクロ」です。
私の推しは佐々木彩夏さんなのですが、みなさんご存じの通り(ご存じないかもしれませんが)彼女の担当カラーはピンクです。
モノノフになってからは、当然ピンクの服を着る機会が劇的に増える訳ですが、なかなか男性向けでピンクのアイテムって無い訳ですよ。(今年は男性もピンクが流行色なので、比較的容易に探せますが)
だから私は女性向けのアイテムの中からピンクの服を探す必要に迫られた、という訳です。

 

◆女性向けアイテムがもたらす3大メリット

ちょっと蛇足になっちゃいますけど、男性が女性向けのファッションアイテムを取り入れると発生する(であろう)3大メリットというものを考えてみました。

01)「被り」を予防でき、なおかつオシャレに見える。
以前どっかの大学近くの駅を撮影した写真で、写っているほとんどの男子大学生がベージュのチノパンにチェックのネルシャツで、個性が無い!みたいなニュースを見たことがあります。
こうした被りは防げると思いますし、どこかオシャレに見えると思うのです。

02)女性向けのブランドに強くなるため、女の子との会話が弾む。
これは私個人が強く実感しています。
女性向けのブランドなんて、普通の男性はあまり思い浮かばないですよね?
すごく詳しくならなくたって、なんとなく知っているだけでも女性との会話が弾みます。
もしかしたら「キモイ」と思われている可能性もゼロではないですがね。

03)概ね男性向けのものより価格が安いので経済的。
「比較的」という注釈付きですけどね。
あとセールになる頻度が高い気がしています。
それから言うまでもなくハイブランドの話ではありません。

…とまあそんな感じ。
改めて読み返してみるとムリヤリ感がありますが、外れてもいないと思います。

 

◆結論。「モテる!」……以上です、裁判長。

ってことで結論ですが、男性が女性向けのファッションアイテムを取り入れると「モテる!」ってことにしておきましょうか。
私は既婚者なので、もともと戦力外通告されていると思いますが、これからドラフト会議に臨む若手の皆さんは是非ご検討くださいませ。

それで「まず何から手を付けたら良いか?」という話ですが、まずは女性向けのファッションアイテムに興味を持つことから始めましょう。
私のおすすめの方法は以下の二つです。


A)女性向けのファッション雑誌を読む。
B)女性と一緒にウインドウショッピングに出かける。


さて、こういうことなのでファッション業界に限らず、マーケッターの皆さんはもはや性別と言う括りで商品開発なりマーケティングなりを考えているだけでは正解に辿り着けない時代になっているかもしれませんから注意しましょう。
(なんとなく格調高く締めたかった)


という感じで、今日も地球の片隅で目立たない戦いをしています。

----------

以上です。
それではまた、いつか、どこかで……。

 #烈海王 #VOGUE #ももクロ #佐々木彩夏 #ファッション #オシャレ